作家の物語の世界観

私の趣味は読書であり、時間を気にせずに一日中書籍を手に取り好きな作家の物語の世界観に浸っています。

趣味となり得るものは世の中にたくさんありますが、その中でも私が読書に惹かれるのは本さえ手元にあればいつでも好きな事に没頭できるためです。

そのため、大掛かりな準備をしたり平日は我慢して休日の時間がある時に行う必要が無く、たとえ駅で電車が来るのを待っている時でも夢中になる事ができます。

しかも、行っている事は記述されている文字列を読み進めていくという単純明快な行為であるものの、何気なく目にした一文や単語が今後の人生のヒントになったり落ち込んでいた気持ちを楽にしてくれる事も珍しくありません。

当然、仕事などで既に多くの資料に目を通していて文字列は見たくないという日もありますが、書物を手に取り装丁を眺めたり何気なくページを捲る動作を繰り返しているだけで落ち着いた気持ちになれます。

そのように、ページを捲っていると紙の香りやインクの香りが漂うので、書籍ならではの匂いを感じ癒やしを得る事もできます。

そして、読書は孤独な趣味だと思われる事も多いのですが、近年では早起きしてカフェなどに集まり仲間と揃って本を読み進めるという事も活発化しているので、そうした会に参加してみると知らない情報が知られたり、次に読むべき本が見つかるようになります。

また、本を読むという事は著者の人生に触れるという事と同意なので、多くの冊数を読んでいく程世の中には様々な考え方と生き方があるという事がわかり、柔軟に世の中をわたっていけるようになりました。
さらに、常に外部から色々な文脈を吸収していると自分が本来書く文書とは違った様子になるので、ビジネスシーンでもわかりやすい文書を書いてくれるとして高評価を受けています。