脱毛の違いは?医療脱毛とエステ

医療脱毛とは医療機関で施術を行う脱毛のことです。
エステサロンで行われる脱毛は、光脱毛と言われるIPL脱毛やプラズマ脱毛になりますが、それよりも照射パワーが強いことが特徴です。

医療脱毛は研修を受けた有資格者(医師や看護師)が施術をします。エステサロンは医療機関ではないので、医療従事者ではないエステティシャンが照射を行います。

施術を行うための資格は必要がない分、強力ば脱毛機器は使用できません。
脱毛機関にも違いがあります。

医療脱毛は強力な脱毛機器を使用できる為、脱毛完了までの期間が短く済みます。よって費用もエステサロンで長期間通うより抑えられる場合があります。

また医療機関での脱毛施術は、医師が常駐しているので、万が一、肌トラブル等があった場合でも、迅速かつ的確に対応してもらえるので安心と言えます。

対して、エステサロンではエスティシャンとカウンセラーのみになりますので、何かあった場合には提携している病院やクリニックへ行っての処置となります。

次に痛みについてですが、やはりエステサロンでの脱毛よりは医療脱毛の方が痛みが強いです。
照射パワーが強ければ強い程、痛みを感じるからです。

しかし、現在の医療脱毛はクリニックによっても差はありますが、この痛みについて軽減する為の対策をとっているところが多く、例えば脱毛の照射前に塗るだけの手軽な麻酔クリームやガスタイプの笑気麻酔を用意しているクリニックもありますし、使用している脱毛機器によっても痛みが少ない種類もあるので、クリニックを選ぶ時の参考にしてみると良いでしょう。

痛みについては「効果が高い=痛みが強い」と考えた方が良いかもしれません。

医療脱毛に通う頻度は、一般的に2.3ヶ月に一回のサイクルで最低でも5回は通うことが理想とされています。
医療脱毛はカウンセリングで悩みを解決(福岡県福岡市博多区)

医療脱毛が出来るクリニックは全国展開しているところもあり、急な引っ越しでもカルテを移してもらえるクリニックもあります。

また、会社帰りでも通えるように駅の近くや遅い時間まで対応しているクリニックも多くあるので便利です。